猫のオシッコ5つの対策【布団編】 - スポンサー広告猫のいる暮らし

monotone Cat2

猫とおしゃれに暮らすインテリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫のオシッコ5つの対策【布団編】 

猫を飼っていて困ることのひとつは、“トイレ以外での粗相”ではないでしょうか。

2016022420470145a.jpeg


猫の粗相には次のような原因が考えられます。

  • トイレに不満がある(置き場、汚い、砂が気に入らないなど)

  • 縄張りの主張(多頭飼いの場合)

  • メスの発情期



20160224204457368.jpeg


わが家のおませな生後4ヶ月のらぶ(♀)は発情期の真っ最中で、先日ベッドの上でカサカサ砂掻きしていたので、怪しいと思ったら案の定 “pee” やられてしまいましたー( ̄O ̄;)

2016022420533765b.jpeg


これまで粗相は1度も無かったのですが、メス猫が発情期だけ布団などフカフカした場所ですることはよくあるそうです。
クエン酸スプレーをしたり、お湯をかけたり、洗濯してもやはり一度ニオイが付くと猫にはわかるようです。

ブルーシートという手もありますが、カサカサ音がしたりなにより見栄えが悪いです。
ペット用の防水カバーも色々ありますが、表面だけ吸収するタイプや分厚く色物が多いので、真っ白な防水カバーを探していたら介護用品の強撥水布団カバーを見つけました。

201602242044589a9.jpeg


さすが介護用だけあって、これが大正解!
まるで傘が雨を弾くように、カバーの上で可愛い水玉のように転がってました。(わたしの勝利!)
表面にも染み込まず、キッチンペーパーでサッと拭くだけで綺麗になります。
カサカサ音もなく通気性もいいので、寝ている時も気になりません。


【猫のおしっこ対策】
・寝室に入れない(これができれば1番ベスト)
・フカフカした物(服や洗濯物)を外に置かない
・猫が使う物は、水拭きか丸洗いできる素材 or 使い捨て
・洗えない物にはペットシーツや防水カバーをかける
・不妊手術(避妊・去勢)をする



これで安心して眠れるね。

20160224204137194.jpeg


人間にとってトイレ以外での粗相は迷惑な話ですが、オス猫のスプレーも同様、猫の本能なので決して怒らず先手必勝でやり過ごすしかありません。
避妊手術を済ませたら粗相はなくなると思いますが、防水カバーは1枚あると安心ですね。



猫パンチしてみる?
にほんブログ村 猫ブログへ
最後まで読んでくれてありがとう♡
にほんブログ村 インテリアブログ ペットと暮らすインテリアへ

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。