猫の抜け毛対策とお掃除のコツ - スポンサー広告猫用グッズ・愛用品

monotone Cat2

猫とおしゃれに暮らすインテリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の抜け毛対策とお掃除のコツ 

猫を飼っている人の永遠のお悩みと言えば、抜け毛のお掃除!
服に付いた毛を取るのに、猫飼いの家ではコロコロは必須アイテムですね。

毎日掃除機をかけていても換毛期は特に抜け毛が気になります。
日常的なお掃除に加え、これからの季節は抜け毛対策とダブルでラクしてキレイなお部屋をキープするコツをご紹介します。
DSC_0571.jpg

【抜け毛対策】
換毛期は春と秋の年に2回、3月と11月頃に始まります。
短毛種でも2匹いると抜け毛がすごいので、散乱する前にブラッシングで毛を集めてしまうのが一番です。


この時期ブラッシングをしないでいると、猫が毛づくろいの際に飲み込んだ毛が原因で、消化不良や毛球症を発症する可能性もあるので、換毛期は短毛種でも毎日ブラッシングをしたほうがいいですね。
DSC_0632.jpg
オシャレな猫のお手入れ用品【ジョンポールペット】


抜け毛対策にオススメなのが、ファーミネーター!


噂通り、おもしろいほど毛が良く取れてやっぱりスゴいです。
DSC_0698.jpg


子猫のらぶも一回でこの量!
DSC_0762.jpg


抜け毛は捨てずに取っておいて、丸めて毛玉ボールにします。
毎日のお掃除が楽になり、ネコちゃんのヘアボール対策にも有効で一石二鳥です。
DSC_0620.jpg


【お掃除のコツ】
わが家はフローリングなので、床掃除に使うものは「クイックルワイパー」「ウェーブ」「掃除機」の3点セットです。
起きたらすぐクイックルワイパーでサーッと抜け毛やゴミを集めてから、スティックタイプの掃除機をかけて終わり。
スティックタイプの掃除機はズボラなわたしにピッタリで、気が付いた時にサッと取り出せるので便利です。

スティックとハンディ、2Wayで使える ±0のコードレスクリーナー
回転ブラシがないので、ペットの抜け毛や猫砂もよく吸ってくれます。



狭い場所や棚の上などは、ウェーブでササッと拭いています。
ベッドやソファの下はおもちゃを隠したり抜け毛も溜まりやすい場所なので、あらかじめラグを敷いて取り出しやすいようにしています。
DSC_0606.jpg


掃除機では取りにくいマットや布に付いた抜け毛は、ラバーブラシを使うと簡単に取れます。
DSC_0601.jpg


仕上げにコロコロすれば、簡単にキレイになります。DSC_0616.jpg


いずれの方法も面倒くさくならないように、気が付いたらサッと取り出せる収納にしておくことと、掃除しやすいように床に物を置かないことがポイントだと思います。

掃除機を怖がらない猫ちゃんなら、そのまま抜け毛を吸えるので助かりますね。
小さな頃から慣れさせておくのも、ラクにお掃除するコツかもしれませんw



猫パンチで応援してにゃん!
にほんブログ村 猫ブログへ
最後まで読んでくれてありがとう♡
にほんブログ村 インテリアブログ ペットと暮らすインテリアへ
☞猫のお手入れ用品ランキング

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。