猫の脱走防止と迷子対策 - スポンサー広告猫のいる暮らし

monotone Cat2

猫とおしゃれに暮らすインテリア

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の脱走防止と迷子対策 

もしも愛する猫が行方不明になったら…
いつ起こるかわからない脱走事故や災害に備えて考えてみました。


まずは、脱走防止対策を!


わが家の猫は完全室内飼いですが、玄関に脱走防止用のゲートを付けたり、
万一の際に備えて首輪に迷子札も付けています。
シンプル&シックな猫の首輪

DSC_1670.jpg


今飼っている猫たちは幸い一度も脱走の経験はありませんが、
窓からの脱走が一番多いので、窓や網戸には防犯用の窓ロックや補助錠で開かないように固定しています。
(ホームセンターや東急ハンズなど、防犯グッズのコーナーにあります)

DSC_2297.jpg


春〜夏にかけては網戸にする機会が増えるので、
特に窓からの脱走に注意が必要です。

開かないようにすることはもちろん、
網戸は破ってしまう可能性もありますので、網戸にする時は短時間にするか、
脱走防止用のフェンスを取り付けたり、
園芸用のトレリスなどでのDIYをオススメします。


まさかと思うような場所から脱走したり、
窓からベランダに飛び出して転落することもありますので、
住宅事情や猫の個性によって対策を考えることが大切です。

わが家はベランダ側から粘着テープ式の補助錠で網戸を固定しています。
(簡易的ですが上部のクリップなどでも代用できます)

DSC_2311.jpg

猫が迷子になったら



それでも猫が脱走したり災害時に行方不明になった時は、
一刻も早く見つけてあげたいと思うのが飼い主としては当たり前ですよね。

迷子札を付けていても、外で首輪が外れる可能性もあります。

各機関への連絡やチラシやポスターの制作など、何よりもスピードが大切です。

室内飼いの猫の場合は、家のごく近くで発見されるケースがほとんどだそうなので、
ネットで呼びかけるより、ご近所の方に協力を呼びかけるポスターやチラシを配るほうが効果的だと思います。

突然ペットがいなくなってパニックになっている時に、
すぐに用意することができるかどうか難しいと思うので、
日頃からペットの近影写真くらいは準備しておきたいですね。

念のために、ペットの写真と特徴、連絡先を書いた迷子猫探しのチラシの原稿を作って用意しておくと、いざという時慌てずにすぐに印刷できます。
(インクのストックも必要ですね)

tom.jpg
A-oneのラベル屋さんで作成しました。


迷子猫探しのチラシやポスターを作ってくれるサイトもあるので、
チラシ作りの参考にしたり、印刷サービスを利用するのもいいかもしれません。

迷子ペット.net
http://maigopet.net/

ねこてっくす
http://necotex.net/

猫が行方不明になった時まず連絡するところ


・保健所
・動物管理事務所
・警察署
・区役所/市役所
・清掃局
・その他、最寄りの動物病院

愛する猫を守れるのは、飼い主のあなただけです。





猫パンチで応援してにゃ!
にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
最後まで読んでくれてありがとう♡
にほんブログ村 インテリアブログ ペットと暮らすインテリアへ



壁を傷つけないつっぱり式



サッシ用補助錠



粘着テープ式



網戸用ペットディフェンス



突っ張り棒式の猫網戸脱走防止フェンス



引き戸に差し込むだけのスライドロック



関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。